​特別展「奇才-江戸絵画の冒険者たち-

2020/07/26放送

​テーマ:山口県立美術館で開催中「奇才ー江戸絵画の冒険者たちー」

ご出演:県立美術館 主任学芸員 福田善子さん

従来、江戸絵画史は狩野派を中心に語られてきましたが

1960年代末頃から”傍流”とみなされていた伊藤若沖らの個性を「奇想」として評価する動きが活発になります。

全国においても各地で魅力あふれる絵師たちが次々と見いだされ、現在の「江戸絵画ブーム」につながっています。

今回の展覧会では北海道から九州まで、自由な発想に富む作品を一堂に集め「奇」の追求こそが江戸絵画の支流であったことを紹介しています。

奇才35人による個性の競演をご堪能いただけると思います。

会期:8月30日(日)まで

新型コロナウイルス拡散防止の観点により、事前予約による定員制を導入しています。

ご入館時には検温を行います。

​詳しくは山口県立美術館のホームページまで。

県美.gif