​山口発 子育て応援! 

2020/10/25放送

​テーマ:みんなで子育て応援 児童虐待防止の取り組みについて

ご出演:山口県健康福祉課 こども・子育て応援局 こども家庭課主任 村野正和さん

​深刻な児童虐待により、子供が被害を受ける事件が全国的に見ても後を絶たない中、一方で最初から子供を虐待し、傷つけようとしている親はいないはず。

原因は、子育ての悩みやストレス、うまくいかないことが重なったり、子供に言うことを聞かせようとする行為が悪循環に陥ってしまうことで、逆に言えば身近な人々や社会でそれを解消できれば悲しい出来事は減っていくのではないか。

以上のことから社会全体で子育て家庭を見守り支える環境づくりを進めるために「189サポート推進事業」(189=いちはやく)を開始。

「189サポート推進事業」とは…

・地域の中で子育て家庭を見守り、ちょっとしたアドバイスや手助けを行う「189サポーター」の養成

・中学生、高校生など若い世代から「体罰によらない子育て」などの知識を身につけ、将来の子育てに役立てる「ヤングサポーター」の養成

・企業がそれぞれの特色を生かし、地域での子育て家庭の見守りや虐待防止の普及啓発取り組む「虐待防止全力宣言企業」の認定

以上の具体的な取り組みを通じて、社会全体で子育て家庭を見守り支える環境づくりを進める。

この取り組みは子育て支援に積極的に取り組む全国の知事同盟で山口県が発案し、共同取り組みとして今年度からスタート。

知事同盟加盟県だけでなく、子育て家庭を地域全体で支えあう社会を全国に広めたい。

お問い合わせ

健康福祉部こども・子育て応援局

083-933-2744

子育ての悩みやストレスは抱え込まず相談してください。

​県では地域社会全体で子育てを見守り、サポートします。