• ashiten

2020/11/03 渡邉千歌

今回ご紹介したのは渡邉千歌さんというアーティスト。

彼女は名門、武蔵野音楽高等学校、武蔵野音楽大学声楽科を卒業。

イタリアや東京で研鑽を積み、多数のオペラやコンサートで活躍してこられました。


2012年10月にシャンソン歌手としてデビューされ、現在はシャンソン教室やコーラスグループの指導、さらにシャンソンのイベントに出演されたりCMソングを歌われたり…精力的に活動されています。


2019年11月にシャンソンミニアルバム「ジュテーム」をリリース

2020年9月にオリジナルアルバム「虹を見つめて」をリリース

広島市民オペラ実行委員会 代表、日本シャンソン協会広島支部 支部長を務められています。


今回お送りした曲はそのアルバムの中から「虹を見つめて」でした。

この曲はこの春に新型コロナで亡くなられた、ご本人の先輩シャンソン歌手でお兄さん的存在であった高木椋太(りょうた)に対するメモリアルソングになった曲です。


このコロナの時期にたまたまオリジナル曲を作ってみないかと提案され、曲が出来上がった時についていた仮タイトルが「虹を見つめて」でした。このタイトルの虹という言葉を見て、コンサートの仲間であった高木椋太さんと出演者全員で、広島県瀬戸田町の空にかかった忘れられないほどの綺麗な虹を見たことが思い浮かんだそうです。


制作が進む中でその椋太さんの訃報が飛び込んできたそうです。とても大切な人の死の報告を受けて悲しみの中曲作りを進めるのは大変辛かったと言われていましたが、偶然にもついていた仮タイトルに運命を感じ、椋太さんたちと見た虹をこの曲に乗せて歌えばいいんだと思い、彼とのメモリアルソングにされたそうです。


渡邉千歌さんのCDは以下のホームページより購入できます。

https://cicastruis.thebase.in/


Lino情報です。

11・8(日)に徳山駅前である、ぶちたのしみんさいに出演!20分のステージがあります。

ぜひ足を運んでくださいね。

その他詳しい情報はこのホームページのトップにある私の写真をクリックしてみてください。私自身の公式ページにジャンプします。

そちらからご確認くださいね。

22回の閲覧